忍者ブログ
そっと見守るような…そんな愛し方ができたら良かった?
主 人

 遊。 -Yu.-
 変態について詳しくは此方から

擬 人
夢 語
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイツは、決して弱音を言わない。意志の強さを湛えた瞳は酷く静かに、現実だけを、前だけを、いつだって見据えていて、なあ、なんでそんな前ばっかり見てんの?少しはオレの方を見たらどうなんさ。そう言ってみたって、チラリと此方を一瞥すればまだ良い方で、機嫌の悪い時なんてオレの方を見向きもしない。ちょっと、流石にオレでも凹むんだけど。
だから、仕返しに、前を見据えていないと歩む事すら出来ない、なんて何時からお前はそんなに弱くなったんさ。そう以前口からポロリと紡いだ言葉はどうやら癇に障ったらしく、暫く口をきいて貰えなかった。(あの時は、本当にもう終わりかと思った。)(いや、本当に冗談抜きで。)

あの時の怒りよりも哀し気の勝った瞳は、今でも脳裏に焼きついてる。


「なあ、何でそんなに頑張んの?」
「…は?」
「いっつもいっつも前だけ見てさ。疲れねえんか?」


ポイ、とバンダナと眼帯を放り投げる。こんなもの、邪魔だ。確り見ていないと、すぐ何処かに行ってしまいそうだし。(まあ、誰かさんみたいに方向音痴じゃないから大丈夫だけど、心配なのはそこじゃなくて。)ジィ、とオレを見る蒼い瞳、綺麗な綺麗な、青い瞳。珍しくオレが映ってる、なんてちょっと口元を緩めたら、それに反する様にその瞳は険しさを増した。
あれ、まさかオレ何か不味い事言った?地雷、踏んだ?


「……ユウ?」
「うるせぇ。」
「(うあ、すげぇご機嫌ナナメ!)」


不意に逸らされた瞳は苛立ちと、何処か不満気?あれ、何かちょっと、落ち込んでる?結構長い間、オレはお前を見てたんだから、それ位気付くって。あれ、でも何で?今のって、落ち込むのオレじゃない?冷たくあしらわれたの、オレさ?ぐるぐるぐるぐる、回る思考と同じ様に、ひらひらと落ちてきた葉は、即座に真っ二つになって、風に吹かれて別々の場所へと舞った。
あーあ、元は一つだったのに、可哀想。でも、刀を振るうアイツは綺麗だから、少しの犠牲はつき物だ。残念ながら、オレは何よりもアイツ優先だし。(これ、ちょっと惚気かも。)


「……、なら…」
「んー?」
「疲れんなら、先に部屋に戻ってれば良いだろ。」
「は?」


プィ、と視線を逸らして(あ、今のすげー可愛い)鍛錬に没頭する後姿を見詰める。あれ?今、何て言ったんさ?疲れる?誰が?オレが?お前といるのに?まさか、そんな事ある訳無い。
あれ、ちょっと今の言葉って、まさか勘違いしてるんか?何、もしかして今のって、拗ねてたの?うわ、ちょっと、すげぇ珍しいもん見た!


「ユウー。」
「うるせぇ。」
「後で部屋戻ったら、一緒に昼寝しような。」
「しねえよ。」
「昼寝の後は一緒に飯食おうな。」
「しねえって言ってんだろ。邪魔すんな。」
「待ってるからさ、オレ、終わるまで此処にいて良い?」
「……勝手にしろ。」


一度だけオレの方を振り返って、また前を向く。何さ、理解り難いんだっつの。その愛情表現。
緩む口元を隠しもせずにその背中を見詰める。そういや、鍛錬してるトコ見られんの嫌いだ、って随分前に言ってたな、なんて頭の片隅で思った。


「ん、勝手にするさ。」





箱庭
バイオリズム

( なあ、ちょっとオレ、自惚れても良い? )

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
Url
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする      
* Ad *  * Wr *
月 暦
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検 索
 
Copyright (C) 2010 小鳥遊。 of 『三秒後の軌跡。』 . All Rights Reserved.
Thanks 忍者ブログ [PR]