忍者ブログ
そっと見守るような…そんな愛し方ができたら良かった?
主 人

 遊。 -Yu.-
 変態について詳しくは此方から

擬 人
夢 語
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

声がする。そう紡いだのは、紛れも無く目の前で自分を組み敷いている男だった。こんな、霰も無い格好で、しかも俺を追い詰めながら言う言葉では無いだろう。なんたって、今は世間的に言う情事中なのだから。それでも、この赤毛の男、ラビは、声がする、そう呟いて縫い留める俺の手を、ぎゅっと握り締めて来た。見た目通りの温かい指先が俺の腕に食い込んで、それに比例する様に指先が痺れ、色を失っていく。


「なあ、ユウ」
「…なん、だよ。」
「声が、」


そう紡ぐコイツの眼は俺を見据えてる様に見えて、何処か遠くを観ている様で。まるで、獲物を捕えた狼が、じっと獲物を見つめる様な、虚ろとは違うギラリと光る何かを、その眼に燈して。


「ユウ」
「聞こえねぇ、よ…」


ぽつり、紡いだ言葉は汗と体液の混ざった空気を震わせて、どうやら目の前の男に届いたらしい。一度眼を伏せて哀しそうに笑った姿にどうして良いのか理解らなくなる。どんな言葉があれば、お前はそんな顔をしなくて済むんだ。付き合いは長い筈だし、こんな関係になってからも、長い筈だ。けれど、不意に見せるお前のその哀しい顔、が、


「おい、…」
「…ん?…」


どうしてやれば良いんだろう。その眼は何も訴えてない癖に、哀しみしか宿してない癖に。俺はそういうのを察する事は出来ないから、どんな言葉でもぶつけてくれれば良いのに。そう以前に伝えた所でコイツは小さく微笑っただけで、全く改善が見られない。…きっと、コイツのこの表情は無意識の事で、コイツにとっては、普段の飄々とした顔と同じつもりなんだ。ただ、それを御しきれなくなっているだけで。お前は、どうした、どうしたら。


「ユウ?…イテッ?!いてぇさ!!」
「…ラビ。」


その燃える様な紅い髪を無理やり引っ張り、耳元へ唇を寄せる。ガシリと耳の淵を思い切り噛んでやれば痛みで非難の声を上げ、身体を離そうとした。その首に緩く腕を絡めてそのまま名前を紡ぐ。愛しいんだと、大丈夫なんだと伝える様に。そりゃあ、俺は言葉だって行動だって、お前が望むほど与えてやれないし、どうしたらお前のその表情を和らげられるのかも理解らない。だから、今だけはお前のその心の闇に触れられる様に、精一杯の俺の気持ちを込めて。


「お前の声なら、ちゃんと聞こえてる。」




縷々
モラトリアム

( 一瞬きょとんとして、それから嬉しそうに微笑うお前が好きなんだ。 )
PR
薄暗い部屋、差し込む月明かりに、浮かび上がる影は二つ。呆然と立ち尽くす影と、ゆっくりと踵を返し、離れていく影と。ゆらゆらと揺れ動く影とは裏腹に隻眼は色など灯していなかった。知らない眼、知らない色、知らない感情、知らないお前。
頭の中では咀嚼できなかった言葉が何度も何度も反復し続けて、その割に脈打つ心臓は段々と速鳴り警鐘のように鳴り響く。
それは警告というよりも確信にも似ていて気持ちが悪い。

ああ、早くお前の名前を呼ばないと、


「ラビ。」


嫌に響いた自分の声。強く名前を呼んだ自分の声は幾らか震えていたかもしれない。人がいるにも関わらず閑散とした部屋に溶け込む事すら出来ないそれは、声というよりはただの空気の振動とでも言う様に、名を呼ばれた筈の相手は振り返りもしなかった。
心臓は急速に血液を送り出していた筈なのに、一瞬にして血の気が失せていく。いっそ白くなっているかもしれない指先で、無意識に団服を握り締めて。


「…ラビ…」


もう一度その名を紡いでみても扉へと歩むその速度も歩幅も変わらない。何も聞こえないとでも、最早その名前は自分のものでは無いとでも言いたいのか、それとも、己の言葉などもう聞く気も無いとでも言うのか。
いつから、道は分かれてしまった。いつから、想いは同じ場所になかった。いつから、俺はお前の事を理解ってやれていなかった。いつから、


「…っラビ…」


目頭に生まれる熱、ぼやける後ろ姿。走り寄ることも出来ない脚と、延ばすことも出来ない腕と。立ちすくんだまま動けない俺と、段々と離れて行くお前。
情けないほど震えた声が紡ぐのはお前が捨てた名前と、置き去りにされた想いと。


「…ッラビ!!」
「…ユウ、…」




歪曲
エンティティ

( 扉が閉まる瞬間、微かに微笑って振り返ったお前が紡いだ言葉なんて、 )
そうだなぁ、例えば広い庭、家は大きくなくても良いかな。あとは白くてフサフサの毛の犬。カーテンは白、壁紙は暖かな色。ああ、勿論ベッドは一緒に眠れる大きさで。あとあと、お風呂も大きなのが良いさね、一緒に入りたいし!そんで、天気の良い日は一緒に日向ぼっこして、お昼庭で食べちゃったりしてさ。そうそう、干したてのブランケットに二人で包まったりして。
温かいお日様、心地よい風、耳をくすぐる木々のざわめき。そんな些細な事を嬉しく思いながら、日々を過ごせたら。

なあ、そんな家庭って、良いと思わない?


「ね、ユウ、凄く幸せそうじゃね?」
「…御前の幸せの基準が理解らねぇ。」
「えぇ、オレの話ちゃんと聞いてたんさ?」


本に視線を落としてあげようともしないから、態とらしく溜息を吐く。そうすると、遅れて響く舌打ちと、ぱたん、と本を閉じる音。肘を突いて酷く気だるげに、それでも呆れた様な瞳と苦笑とも取れる表情。それは、彼のお決まりの聞く体制。
それに満足して頭の中に思い描いたモノに色をつけ音を乗せる。そうだなぁ、後は、…うん、ユウが隣にいて、目が覚めたらおはようって言って、出掛ける時は一緒。でもどうしても一人の時は、帰って来たらお帰りなさいと、寝る前はおやすみ、って言って。また目が覚めたら腕の中にユウがいて、ユウの瞳に一番最初にオレが映って、おはよう、って言う。
そんな風になれたら、そんな毎日が送れたら凄く凄く幸せ。


「オレ、なんかそーいうの憧れる。」


安心できる家。帰る場所。温かな家庭。平和な日常。愛しい人。それは、今まで一つも手に入る事が無かったモノ。
君という存在に触れて、愛されて、欲が出てきたと言ったら、それでおしまいなのだけれど、夢を見るくらい、きっと自由。この争いと殺戮ばかりの世界のなかで、穏やかな夢を見るくらいは自由。
ずっと君と一緒にいたいと思うことくらい、は。


「…俺は、御前の望む温かい家庭なんざ与えられねぇ。」
「知ってるさ、そんなの。戦争なんざそんなモンだし?」
「だが、御前に"おかえり"とは、言ってやれる。」


一瞬、何を言われたのか、何を言ってくれたのか理解出来なくて、きょとっと相手を見る。さも当然だとでも言う様な表情と、口元に浮かんだ微笑。ああもう、温かい家もフサフサの犬も、全部要らない。なんかもう、本当そんなのどうでも良い、かも。
ただ、今は凄く、触れたくて触れたくて、愛したくて堪らない。
確信なのか無意識なのか、オレの心を何時も攫っていく君、を。


「ユウちゃん、その後に、ご飯?お風呂?俺?って聞いて。」
「…寝言は寝て言え。」




感傷
インソムニア

( 前言撤回。ユウが傍にいてくれれば、それだけで幸せ! )
腕の中にある温もりが微かに身じろぎ、唇が薄く開く。
少し腫れた目元は、昨夜久しぶりの逢瀬に加減が出来なかった所為か。きっと瞳を醒ましたら、第一声で罵声を受ける事になるんだろう。(まあ、声も枯れてしまっているだろうから、気にするほどの事でもない、が。)そして次の瞬間には頬を染めて、鋭いその視線を泳がせて。何度抱いても、目覚めた朝は処女の様な反応をする、その姿を待つのがとても愉しくて、愉しくて。静かに、白い頬に掛かった黒髪を耳へと掛ける。

途端、現れた、濡れた唇に欲情を覚えるのは、仕方の無い事で。


「ユーウー君。早く起きて俺を見てくれないと、第三ラウンド突入するけど?」
「…ん…、…」
「困ったモンだ…これで無意識だってんだから…。」


見た目に寄らず低血圧なのか、朝に弱く、何時だって声を掛けたくらいじゃ起きやしない。(以前無理矢理、繋がったまま揺らしたら啼きながら起きたっけ。)(あの時は可愛かったのになぁ。)(でもその後が悲惨だった。本気で恋人の事斬ろうとするんだから、さ。)スっと視線を落とせば、お姫様はまだスヤスヤと夢の中。全く、これでも一応、俺達敵同士、だぜ?恋人以前に、敵同士。何時その、脈打ち、温かな心臓を抜きさるかも判らない。


「ユウ。」


ズプ、っと白い肌を突き抜けて、指先に温かな心臓が触れる。ゆっくりと、規則的に伸縮し、静かに、それでも大きく。全身へと血を廻らせる器官。生きていく為に必要な、不可欠な。愛でる様に優しく何度も触れて。もしも今、俺がコレを抜き取れば、お前はずっと、綺麗なまま、美しいまま、誰にも傷付けられる事無く、俺の知らない場所で死ぬ事も無く。今、この瞬間の、安らかな顔のままで、痛みも苦しみも、何も?
瞳を細めた瞬間、今まで微動だにもしなかった瞼がピクリ、と震えて、ゆっくりと、ゆっくりと、世界の色を取り込み、光を点す瞳は、怯えに染まるだろうか。突きつけられた現実に、悲壮の色を浮かべるだろうか。促す様に見つめ返せば、不敵に弧を形作る、薄い唇。


「殺りたきゃ殺れよ。」
「…俺が殺らないと思ってる?」
「まさか。その前に、…俺がお前を殺してやる。」


薄く、妖艶な、それでも何処か優しさを讃えた微笑み。あー、駄目だね、こりゃ。全部見透かされてる感じ?何これ、俺がヘタレみたいじゃん。ああもう、その余裕そうな笑み、ぐちゃぐちゃにしてやりたい。俺だけの特権でしょ?ね、直ぐに何も考えられない様に、お前も俺もなるんだからさ。でも、ちょっと、やっぱり、加減出来ねぇかも。火点けたのそっちだからさぁ、最後まで頑張ってくれよ。今度、いつ逢えるかも判らない毎日を確かに過ごせる位にさ。


「ユウ君、やっぱり第三ラウンド。」
「…寝かせろ。」




快楽
モノフォビア

( そんな悪態吐いて、後から弱音吐いても知らねぇよ? )
たとえばもう少しだけ、この指先にアイツの熱が残っていたのなら。
そう願う事すら、俺達には罪なのだろうか。



血で汚れあった手の平でしか触れる事のできない僕たちは、互いに、そうお互いの温もりを覚える事だけが、きっと、今この世界、朽ちて軋んでいく、悲鳴をあげる世界に"存在"するという、自分自身を繋ぎとめる理由や、それを確認する術になっていて。そう、僕らは皆、不安で堪らないんでしょうね。汚れていく事も、変わっていく事も、全部。だから誰かに繋ぎとめて欲しくて、温もりを知りたくて、知ってほしくて。もしかしたら、自分の穢れが浮き彫りになるかもしれないのに、それでも、求めずにはいられない。
確かに自分を理解してくれる"存在"を。

ねえだから、手を繋ぎませんか。



そう微笑った白い、どこまでも白い(本当に、白すぎて、そこに"存在"しているかどうかも疑わしい)アイツは、同じだけ白い手の平を、俺の方へと差し出した。
握り返せとでも言うんだろうか、俺に、この、白い手を。そんな事が出来る筈も無く、馬鹿げている、そう罵って、一度はその手を振り払った。汚れているんだ言葉通り、今の俺の手は、血で汚れている。それは今まで共に任務をしていたお前なら理解る筈だろ?同じだけ、あの、穢れた血で、両手を汚した筈なんだから。それなのに、再度差し出された手は未だ真っ白なまま。どこか縋るように伸ばされた手は、真っ白なまま。綺麗な、まま?本当に?


「ねえ、カンダ。」
「うるせえな、…」


伸ばされた手の平を絡め、指先に当たった液体に眉を寄せた。その先を、見る必要は無い。綺麗な訳が無いのだから。人間は一体どれだけ自分の想いで、"存在"を美化できるのか。
同じだけ汚れて、同じだけ穢れて、同じだけの屍の上に立ち、それでも歩んで行くんだろう。
コイツは同じ様に、たくさんの想いを捨てきれずに、その肩に乗せながら。本当に馬鹿げてる。(一々泣くな、って言ったら無理して微笑いやがるから、もう言わねえ。)ただ、その馬鹿馬鹿しさもコイツの一部と認めている辺り、自分もその色に侵食されてきたらしい。それはきっと、自分が思っているより、ずっと。
おかしくておかしくて、喉の奥で笑えば、それにぴくりと跳ねたのは、握り締めたばかりの手。


「…なんだ。」
「いえ、嫌なら、やっぱり…」
「嫌なら最初からしねぇよ。」


それでも緩く自分の手を引き離そうとする、だから、確りと、それこそ指先の色が少し失せていく位に繋ぎとめて。ああ、理解った。今きっと、理解したんだろう、こいつも、自分以外の手に触れて、俺と同じ様に。不安と苛立ちが募るこのひび割れた世界の確かに変わらないものと、自分と同じもの、を。同じ様に穢れて、汚れて、それでも息衝くもの、を。


「気にすんな、俺の手も、とっくに汚れてる。」




純白
マダードール

(離せないのは、やっぱりお前の手だけは、綺麗に見えるからかもしれない。 )

* Ad *  * Wr *
月 暦
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検 索
 
Copyright (C) 2010 小鳥遊。 of 『三秒後の軌跡。』 . All Rights Reserved.
Thanks 忍者ブログ [PR]